ディオールのアイコンバッグが“ウルトラマットブラック”で登場「レディ ディオール」や「サドル」

ディオールのアイコンバッグが“ウルトラマットブラック”で登場「レディ ディオール」や「サドル」

ディオール(DIOR)の2019年プレフォールコレクションから、アイコンバッグ「レディ ディオール」「サドル」「ディオラマ」が“ウルトラマットブラック”カラーで登場。

これまでにも様々なデザインや素材でモダンにアップデートされてきた3種のアイコンバッグ。今シーズンはこれらのバッグが、エレガントな“ウルトラマットブラック”で表現される。チャームなどのディテールまでマットブラックで統一した、シックな佇まいが印象的だ。

「レディ ディオール」は、1995年に誕生したブランドを象徴するバッグ。ボックス型シルエットやキルティング加工のボディ、“DIOR”のロゴチャームなどが特徴だ。

1999年に生み出され、2018年秋冬コレクションで再解釈された「サドル」バッグも、ブランドアイコンの1つ。馬の鞍(サドル)を思わせるような滑らかなラインが美しい。

2015春夏コレクションで初披露された「ディオラマ」ショルダーバッグは、クリスチャン・ディオールが初のコレクションで来客を迎えた籐椅子をモチーフにした、カナージュ(格子)パターンを特徴に持つ。

from https://www.fashion-press.net/news/51995

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です