ディオール×KAWS、バッテン目の“BEE”モチーフ メンズ向けバッグが登場

ディオール×KAWS、バッテン目の“BEE”モチーフ メンズ向けバッグが登場

© MORGAN O’DONOVAN

ディオール(DIOR)は、キム・ジョーンズのメンズ アーティスティック ディレクター就任後初となるサマー 2019 メンズ コレクションにて、KAWS(カウズ)によるデザインを発表。ディオールのアイコンである“BEE”をアレンジしたアイテムが登場する。

KAWSとは?

© SOPHIE CARRE

KAWSは、グラフィティアートからスタートし、現在は様々なブランドやアーティストとのコラボレーションなども行う世界的なアーティスト。ファンの中には、カニエ・ウェストやNIGOといった著名人もいるという。特徴的なのはバッテンの目。彼の作品では、遊び心たっぷりのモチーフが多く登場する。

キム・ジョーンズのデビューコレクションでは、“BEE”がバッテン目に

© MORGAN O’DONOVAN

キム・ジョーンズは、サマー 2019 メンズ コレクションでディオールのアイコンである“BEE”をKAWSと共にアレンジした。バッテンの目をした“BEE”をレザーや刺繍など、様々な方法で描き出し、ウェアやアクセサリーの上にのせた。

新作バッグでは“BEE”モチーフが至るところに

メゾンのアイコニックなモチーフに“KAWS”の遊び心が加わる

ウィメンズのアイコンバッグのひとつ「サドル」バッグが、今季はメンズでも登場。アイコニックな“サドル”型のフォルムはそのままにボディバッグとなった新作では、バッテン目の“BEE”が、大きくあしらわれた。

カナージュ越しに見る“BEE”たちも面白い。カナージュとは、「レディ ディオール」などに登場するメゾンを象徴する格子柄。今回はそれを大胆にもカッティングレザーで表現し、“BEE”モチーフをランダムに描いたインナーバッグと重ねた。

また、同じくKAWSが手掛けた「DIOR」ロゴを採用したバックパックとボディバッグも登場するほか、クラッチバッグやパスケースもラインナップする。

巨大カウズオブジェ“BFF”がショー会場にも登場していた

© SOPHIE CARRE

また、KAWSとのアイテムを含むサマー 2019 メンズ コレクションが発表されたランウェイには、彼のシグネチャーフィギュアである“BFF”の巨大オブジェが登場。このショーのためにデザインされた“BFF”をピオニーやローズの花で制作した、特別なピースだ。

© SOPHIE CARRE

一つ一つ手作業でボディの形を作り、丁寧に磨きをかけ、細部にまでこだわりカッティング。出来上がったボディの上には、顔・手・脚にはピンクのピオニー、スーツにはブラックのバラ、象徴的な“バッテン”目は、濃いピンク色のバラを使って表現されている。

from https://www.fashion-press.net/news/40926

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です