英国王室御用達バッグブランド「ロウナー ロンドン」1号店を日本橋三越本店にオープン

英国王室御用達バッグブランド「ロウナー ロンドン」1号店を日本橋三越本店にオープン

英国老舗バッグブランド「ロウナー ロンドン(LAUNER LONDON)」の日本第1号店が、2018年10月24日(水)、日本橋三越本店のリニューアルと同時にオープンする。

ダイアナ妃も愛用した英国王室御用達バッグブランド「ロウナーロンドン」

「ロウナーロンドン」は、1960年代に英国王室御用達ハンドバックメーカーとして指定されて以来、女王陛下のお気に入りアイコンとして知られている。1991年、エリザベス女王陛下がファクトリーを訪れ、新たに「ロウナーロンドン」の革製品全てが王室御用達として指定された。かつてダイアナ妃も手にした、英国を象徴するバッグブランドだ。

職人の手で作られる上質なバッグの数々

トラヴィアータ
トラヴィアータ

バッグはすべてウォーリンガムの自社工場で、職人たちの手作業で製造されている。代表的なスタイルとして知られるのは「トラヴィアータ」。最高級のカーフレザーが使われた、エリザベス2世女王陛下に特別に愛されているケリースタイルのバッグは、アイコニックなプレートが配された、まさにブランドを象徴的するモデルだ。

トラヴィアータ
トラヴィアータ

内部はやわらかい手触りのスウェードで仕上げられており、調整・取り外し可能なショルダーストラップが付属する。また、同じレザー素材の手鏡をセットにするという心遣いは、これまで多くの貴婦人を虜にしてきたバッグブランドならでは。

ハイソサエティ
ハイソサエティ

また、ショルダーチェーンが取り外しできるパティーバッグ「ハイソサエティ」や、ファーストアイテムとしてもおすすめの財布、ハート型のコインケースなどもブランドではお馴染みのスタイルとなっている。

フルカスタムオーダー「“BESPOKE”スタイル」も

「ロウナーロンドン」では、パーツごとにレザーやカラーを選んで取り寄せられる「“BESPOKE”スタイル」を提案している。その種類は、最高級のカーフレザーからカラフルなエキゾチックレザー、目を見張るほどの艶が美しい高級エナメル、手馴染みのよい高品質なレザーまで実に8,500種にも及ぶ。自分らしい素材・カラーリングで、お気に入りのバッグや財布を作ることも可能だ。

from https://www.fashion-press.net/news/43950

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です