グッチのクリスマス – タイガーやビーなど動植物を描いたバッグ&小物

グッチのクリスマス – タイガーやビーなど動植物を描いたバッグ&小物

グッチ(GUCCI)は、ホリデーシーズンに向けて、2016年ギフトギビング フィルムを公開。



クリエイティブ・ディレクターのアレッサンドロ・ミケーレは、自然界に息づくピュアで本質的な美の世界を‟グッチガーデン”と呼び、これまでシーズンを越えて表現してきた。彼のクリエーションを支えるのは動植物たち。ビー(ハチ)やタイガー、バードなどがエンブロイダリーなどによって色彩豊かに描かれ、装飾的に用いられてきた。



アーティストであり映像監督のフローリア・シジスモンディと共に手掛けた、2016年ギフトギビング キャンペーン フィルムでは、アレッサンドロによる‟グッチガーデン”とエデンの園のストーリーからインスピレーションを得て、豊かで力強く、詩的な世界観が完成している。動画内では、ゼブラやバニー、そしてユニコーンといったエギゾチックな動物たちが、夢心地のグッチガーデンを謳歌しる姿が見て取れる。

 

なお、動画に登場したアイテムは店頭でも展開。グッチのクリスマスは、‟グッチガーデン”から野生の動物や植物から飛び出したように、生命感に満ち溢れている。ヘビを載せたホストンバッグやスカーフ、ビー(ハチ)を中央に配置したショルダーバッグなどがラインナップ。クリスマスに相応しいレッド&グリーンの‟ウェブ”をはじめ、グッチのシグネチャーと交わりアイコニックに仕上げられている。

転載サイト:https://www.fashion-press.net/news/27292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です